魔法

概念

テリカ世界に生まれた者が皆持っている遺伝子構造によって起こる、超常的な力のこと。
発達した第六感により、見えない力(気)を各々が持つ回路に合わせた魔法に自動変換している。
一族固有の遺伝子構造の場合、それが特殊な魔法・魔術となって具現する。

テルース世界では遺伝子異常として扱われるもので、一般的にこの遺伝子異常を持つ者は【異種能力者】と呼ばれる。
本来テルースには存在しない遺伝子構造で、その遺伝子構造を持つ者はテリカでの魔法暴発などによる転移などで移住、その地に定着した者達の血族である。

魔法紋章

体の一部に刻まれている紋章。
先天的に生まれ持つものと、後天的に入れるものの2つが存在する。
システリカ旧王家・シーテリカ一族直系のみに受け継がれる『シーテリカの紋章眼』などが著名。

魔法の学術分野

システリカ国立魔学院

分野は大きく4つに分けられる。
  • 魔法紋章学
ユーヴェが専攻している分野。紋章術の研究が主。後天的な物、先天的なものどちらも研究している。
下位分野として「魔法陣学」もあり、そちらを専攻している場合は、古くからある魔法陣の研究や、新たな魔法陣の開発をしている。

  • 魔法生物学
主人公が主に研究している分野で、魔法の分野としては補助にあたる。魔法の人体への影響、人体に効果のある魔法の研究など。
医療系に進む魔法使いの多くが学んでいる。研究のみで開発はしない。

  • 魔法補助学
補助魔法の研究・開発を主としている分野。
生物学との違いは、研究のみではなく、開発(実践)をする分野。

  • 古代語学
古代語の研究・解読を主としている分野。魔法というよりは学識として。
古代語の文学作品等の解読もこの分野。

パステリカ魔法学校

各学部に普通科、貴族科、留学生別科が存在する。

  • 魔法陣学(攻撃専攻・補助専攻)
元々パステリカの魔法は魔法陣がベースのためこのクラスの学生が最も多い。
ガルバドーラ・パステリカーナが残した一部の魔法陣の習得や、それから派生した魔法陣の習得など実用的なものばかり学ぶ。
魔法の系統から攻撃を主とする学生のほうが少ない。

  • 紋章術学
パステリカでは珍しいためあまり該当する学生はいないが、親が諸外国出身、ユニアール・ロヴィテイル・シーテリカのような一部交換留学生などで紋章術を扱う学生が主に学ぶ。

  • 各学部の貴族科
貴族魔術師(魔法使い)が所属するクラスが存在している。レクティオン・スリープステティル=イルラート・ザインなどが在籍している。
特殊な魔法を扱う魔術師一族と、一般的な魔法しか扱えない魔法使い一族では授業内容が明確に異なるほか、
魔術師として名を馳せている一族以外の貴族の能力は、代を成すごとに弱くなり一般学生よりも低い。

  • 最終更新:2015-01-08 00:00:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード