種族

無族

通常1つしか使えないはずの属性を2属性以上が扱える魔法使い、または魔術師のことを総称して呼ぶ呼び方。
長く生きるために、特別な術を使用して自己の記憶を無にすることから付いた名前。
一般的には、四大名家・商家として名高い【オプリュスト】一族のことを示す。
【アクラキンドラ】王家も古来より無族と言われる。一般的にその情報が伝わっていることはなく、無族であると知られていない。
魔術師の間では【無族の魔術師】と言えばアクラキンドラ王家、【無族の魔法使い】といえばオプリュスト、というように区別している。
過去に【エルティーニ】一族にも無族の子が生まれたが、戸籍上で抹消されている、という話が魔術師界でまことしやかに囁かれている。

リタンダ

神と悪魔、または天使と悪魔の間に生まれた子供の総称。
ベースが神や悪魔といった長寿で高い魔力を持つ存在であるため、生まれる子供も長寿である。
親が強大な力を持つ場合、子供の魔力が両親を超えることはよくあるが、その魔力を制御できる事が殆どない。
そのため、両親がその力を封印してしまい、一切使えないままになっていることも多い。
封印が解かれて、力を使えている或河 冬哉は珍しい存在で、神々からも一目置かれている。

神の子供

明確な呼称は付けられていない。
禁忌と言われていたためこれに当たる子供は、神や悪魔、天使と悪魔といった間柄に生まれる子供である【リタンダ】より圧倒的に少ない。
殆どの場合が人間から生まれ落ちる子供を示すため、男神と人間の女性の間に生まれる子供のことを示しているが、過去に女神と人間の男性の間にこういった子供が生まれたこともある。
男神と人間の女性の間に生まれることが殆どのため、この子供たちの肉体は人間をベースにしている。
体は強くなく、力だけが独り歩きしてしまうことが殆どで、魔力が体に合わないために生まれて直ぐ死亡してしまうことも少なくない。
無意識に、エスパー的な能力を発揮してしまうことが大半である。

妖精

前世で起こした罪を償うために生まれる。

悪魔


魔人


半魔


最高神

最も秀でた能力を持つ神。

時の神

最高神の上に存在する、世界そのものの創造主。
本名はマラーナチャイルドワールドの創造に半分関わっている。
また、彼女と直接契約をした者を【契約者】と呼ぶ。

元素神

水神、火神、地神、風神のこと。

水神

情報の記録を仕事とする神。
すべての世界の水を支配する力を持ち、水を使った魔法を得意とする。

火神

時の神からの預言を受け取り、伝える仕事をする神。
すべての世界の火を支配する力を持ち、火を使った魔法を得意とする。

地神

すべての世界の地を支配する力を持ち、地を使った魔法を得意とする。

風神

すべての世界の風を支配する力を持ち、風を使った魔法を得意とする。

異例神

特殊な能力を持っているために、元素神以外に特別に認められた神。

変神

変身の術に長ける神。姿形を完璧に変えてしまうことができる。

音神

シヤリーロッズ・ミクスティの懇願により、マラーナとの契約で神になった。
元々は生物兵器「アストラストシリーズ」で、人間ではない。

戦神

マラーナとの契約で神になった。

  • 最終更新:2012-07-02 18:09:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード