イレース・セルヴェード

イレース500.gif

プロフィール

名前 イレース・セルヴェード
本名 イリストリアス・アステ=セルヴェード
種族/性別 人間(魔法使い)/男性
誕生日/年齢 リベロス歴6224年、7月28日
身長/体重 174cm/68kg
髪/目 ■(#eceff0)/茶■(#59493f)
一人称
二人称

詳細

マラーナの「契約者」の一人。二つ名は「魔力の監視者(テルース・ウォッチャー)」。
物体変化や幻覚系の魔法が得意な四大名家・セルヴェードの分家、アステ=セルヴェード出身。
セルヴェード本家の広範囲幻覚の魔法書窃取の罪(冤罪)で異界から逃げてきた。
逃げている際に時の神マラーナと出会い、「テルースの魔力の流れの監視」をする契約をした。
それにより現代(リヴェロスパーデンではテルースとして言い伝えられている)に来る。
その契約の際、マラーナに不老不死の力を授かる。不老不死になる前は32歳。今の姿はその姿で止まっている。

テルースでは彼に出会った人が彼のことを「願いを叶えてくれる魔法使い」と噂をしていることから、皮肉を込めて自身のことを「ちょっと魔法が使えるだけのおっさん」と言っている。
使い魔がほしいが悪魔との契約は魔力の回復が面倒でしたくないしそんな物騒な世界でもない(イレースからしてみれば、基本的に魔法使いがいないので害そのものがないと判断している)し、と面倒臭がって、依頼人から貰ったミルクティを人に化けさせて(リック)使役している。

住まいはテルースの地球、日本・東京都内であるが、普段は家の場所を魔法で隠している上、近寄らせないようにしている。ヒキニート。
暇つぶしに人の願いをちょっとだけ叶える手伝いをしているが、あまり人道的にはよくないことをしている。
「人間に俺を見つけるのなんて無理だしー? 幸せになれるんならいいんじゃなあい」とか言ってやってる。
基本的にやる気がない。

信頼していたセルヴェード本家のジェスカ・セルヴェードに裏切られた(魔法書窃取の罪)ため、人と深く関わることを恐れている。
そのため、突き放したような態度をとるが、本心としては信頼できる相手が欲しいと思っている。

登場作品

なし

  • 最終更新:2013-02-26 22:06:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード